元家電量販店販売員の経歴を持つ「デジタル寅さん」が、デジタル機器や Webサービスの苦手なあなたにわかりやすくお伝えしサポートします。

デジタル寅さんとは?

  • HOME »
  • デジタル寅さんとは?

「デジタル寅さん」が生まれるまで

「フーテンの寅さん」をごぞんじですか? 日本の代表的な映画「男はつらいよ」での主人公で、テキ屋稼業を生業とする寅さんが、全国各地を回っていたさなか、何かの拍子に故郷の葛飾柴又に戻ってきて、様々なお話に展開する…という人情喜劇です。

その「フーテンの寅さん」という、自由奔放に全国各地、様々な所で人情にふれあい、仕事をしながら、各地を転々としていく姿は、自分がやっていきたい仕事のスタイルと重なるところがあります。

それはノマドワーク?

イマドキのキーワードだと「ノマドワーク」というスタイルになるのかもしれませんが、そこに自分のキャラクターを重ねてみると「フーテンの寅さん」のようなイメージの方がしっくり来ることがわかりました。

その中で、パソコンを含めたデジタル機器(機械)、Webサービスなどのデジタルテクノロジーが大好きで、それらを活用した生き方を提案できないか?と、ずっと模索していました。

元々電気量販店で、AV機器を店頭販売していた経験もあり、デジタル機器がもたらす恩恵を、お客さんに伝える仕事をしていました。

自分は「機械とのコミュニケーション」「デジタルは生き物」というとらえ方で接しています。機械に対しての「愛」があると言っても過言ではありません(^^)

だったら仕事にしてしまおう!

グラフィックデザイナーとして10年以上、Macと共にすごしてきたり、長時間機械と戯れている事も苦ではなく、とても楽しい時間に変わります。人から見たら、ちょっとした「特異体質」かもしれません(笑)

そんな自分が突然、あることに気がつきます。それは「機械が苦手な方、嫌いな方」が周りにとても多いこと。

そして、そういった方に機械やデジタルサービスについて、電気量販店のときの気持ち&機械やデジタルサービスの存在を、自分の子供を紹介するような感覚で説明をすると、とても喜ばれることが分かり「あ、これは自分にとっての天職かも」って思ったんです。

自分が伝えることで、今まで苦手意識を持っていた機械やデジタルサービスと仲良くなり、その方の人生が楽しくなる存在になるなら、これほど嬉しいことはありませんから(^^)

そこで、こういった活動をするにあたり、分かりやすいキャッチコピーとして「デジタル寅さん」という名前が生み出されました。

デジタル機器&テクノロジーと人との良好な関係を紡ぐ「コネクター」(接続者)となって、自分が関わり合う方々がハッピーになって頂ければ…そんな思いで「デジタル寅さん」の活動をしていこうと思います(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook
  • twitter
Copyright © デジタル寅さん All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.